• ホーム
  • ふさふさのまつ毛を作るならまつ毛育毛剤を使うべき

ふさふさのまつ毛を作るならまつ毛育毛剤を使うべき

目元の印象は第一印象にも大きな影響があります。ぱっちりとした目は、美人に見えたり可愛く見えたりするものですし、最近では外国人メイクが一部で流行していることもあり、マツエクやつけまつ毛をする方も増えています。マスカラとビューラーを併用するという方法も有りますが、どの方法も実はまつ毛にとっては大きな負担とダメージが与えられてしまいます。

ボリュームと長さを出して、一気に華やかな印象にするメリットがあるマツエクも、費用の事を考えると結構大変です。1回サロンに行くと5000円以上かかるところが多いですし、その状態をキープするためには毎月1回はメンテナンスで通う必要がありますし、1回の施術は1時間ほどかかりますので費用と時間の面でも大変なのです。

マツエクは、まつ毛に直接付けていく事になりますので、負担もかかりますしグルー剤の影響でキューティクルも傷つき、切れたり、抜けたりといったデメリットも有ります。気づいたら短くて本数も少なくなってしまったということもよくあります。

つけまつ毛もまぶたへの負担がかかりますし、アレルギーをお持ちの方ですと炎症を起こしたり目にかゆみが出たりすることも有りますので要注意です。しかもマスカラぐらいでしたらナチュラルに仕上がりますが、マツエクとつけまつ毛に関しては盛られ過ぎているという男性からの不評の声も挙げられていますし、ナチュラルに自まつ毛伸ばしたいものです。

そこで今注目されているのがまつ育をする事です。まつ毛育毛剤を使ってメンテナンスする事で、伸ばしたい方もボリュームを出したい方もそれがかなえられますのでおすすめです。美容系のクリニックや眼科、皮膚科などで処方してもらえるまつ毛育毛剤は、ビマトプロストという成分が配合されているルミガンが定番です。

ルミガンは本来は緑内障や高眼圧症の治療目的で開発製造された点眼薬です。しかしその治療経過でまつ毛に多毛化が起きたという副作用の報告が多数揚げられたことで、まつ毛の育毛剤としても使われるようになったという背景があります。

ビマトプロストの成分は、まつ毛のヘアサイクルの成長期を延ばす事が出来るため、16週間ほど使用すると最大の長さとボリュームになります。欧米人と日本人の平均的な長さや密度は異なりますが、大分近づくことが出来るでしょう。ふさふさのまつ毛にすることが出来れば、メンテナンスが必要で費用も掛かるマツエクや、ダメージの大きいつけまつ毛、さらにマスカラを使う必要もなくなれば時短メイクも可能です。

様々なメリットがありますし、すっぴんにも自信がもてるようになりますのでおすすめです。基本的には処方薬ですのでドラッグストアなどでは購入することが出来ません。しかし個人輸入という方法であれば通販で手に入れる事が出来ます。個人輸入といっても、代行業者を利用しますので普通の通販のような流れですので簡単です。まずはまつ毛育毛剤を使ってみると良いでしょう。