• ホーム
  • ハイドロキノンとの併用で美肌をつくるトレチノインの効能

ハイドロキノンとの併用で美肌をつくるトレチノインの効能

鏡を見ている女性

シミは老化現象の一つでもありますし、出来てしまうと老けた印象になります。ファンデーションを厚塗りしたり、コンシーラーを使って隠す事も出来ますが、すっぴんにも自信がもてるように、またクスミの無い透明感のある肌にするためには根本的な治療が理想です。

美容皮膚科などで処方される治療薬の一つに、ハイドロキノンがあげられます。市販されている美白化粧品には、ハイドロキノンは配合されていたとしても濃度が低いですし、メラニン色素の分泌量を抑える事が出来ても、漂白するところまでは期待出来ません。しかし濃度の高いハイドロキノンは使い続ける事で、どんどんシミを薄く目立たなく出来ますので効果も非常に期待出来るので、根本的に改善したい方にはおすすめです。

さらにここで併用したい医薬品がトレチノインです。トレチノインはビタミンA誘導体でもあり、肌のターンオーバーに作用しますのでニキビやシミに効果があります。シミが出来るメカニズムを見たときに、このターンオーバーは非常に重要です。肌のサイクルが正常に行われていれば、約28日ほどで古い角質がはがれて新しい皮膚に生まれ変わります。その際シミの原因にもなるメラニン色素も排出されるのですが、ターンオーバーの乱れが起きる事でシミとなって現れてしまいます。

トレチノイン(ビタミンA誘導体)は、ピーリング効果がありますのでこのターンオーバーに作用し、メラニン色素の排出を促す事が出来ます。メラニン色素の排出を促す事で、シミを予防したり、どんどん薄くするということにもつながります。

ニキビに関しても、角質が厚くなる事で皮膚が硬くなれば毛穴がふさがれて、過剰な皮脂の分泌に伴い、アクネ菌が発生して炎症を起こしやすくなります。トレチノインは皮脂の分泌を抑えたり、ピーリング効果もありますので角質を柔らかい状態にし、毛穴の詰まりを予防する事が出来ます。毛穴の詰まりは角栓が出来る原因にもなりますし、ニキビの原因にもなるアクネ菌は皮脂を餌とするため、その分泌を抑えることでニキビ予防にもつながります。

肌のターンオーバーが正常化される事で、ニキビやシミが出来づらくなったり薄くしたり、また炎症を抑える作用もあるので肌は透明感のあるシミの無い美白肌になっていくでしょう。その行程で出来てしまったシミを漂泊するハイドロキノンと併用すれば、相乗効果も高まります。ハイドロキノンの有効成分がどんどん浸透するという所でもメリットは期待出来ます。

またトレチノインは、ニキビやシミに効果があるだけではなく、コラーゲンの分泌を増やすという効果も有ります。30代後半頃からお肌のコラーゲンの生産量はどんどん減少してしまいます。コラーゲンは肌細胞をつないでいる役割もありますし、保水力低下が起こる事で乾燥肌になります。乾燥肌はあらゆる肌トラブルを引き起こす原因にもなるので、コラーゲンの生産量が上がるメリットも非常に大きく、弾力のあるハリ肌にしていく事が出来るでしょう。